ICカード

平成28年4月1日より交通系ICカード全国相互利用サービス開始!

下記の10種類のICカードがご利用出来るようになります。

PiTaPa
ICOCA
PiTaPa
(ポストペイ(後払い))
ICOCA
(チャージ式(事前に入金が必要))

その他、利用いただけるICカード(チャージ式(事前に入金が必要)

PASMO
Suica
monaca
PASMO
Suica
manaca
TOICA
Kitaca
はやかけん
TOICA
Kitaca
はやかけん
nimoca
SUGOCA
総合IC
nimoca
SUGOCA
 

上記以外のICカードはご利用できません。

 

導入エリア

京阪京都交通全線でご利用可能です。(高速線ではご利用できません)

ご利用方法

このシールが目印です!!
このシールの貼ってあるバスで全国相互利用対応ICカードがご利用いただけます。
■乗る時
入り口にある読み取り機にタッチしてして下さい。整理券をとる必要はありません。
■降りる時
降り口の読み取り機にタッチしてください。
※1秒以上タッチしてください。

PiTaPaのご利用について

PiTaPaに乗れば乗るほどドンドンおとく♪
PiTaPaカードの詳細は
PiTaPaのホームページ」をご覧ください。

PiTaPa Q&A

京阪京都交通の利用額割引が適用されるPiTaPaはどれ?
e-kenet PiTaPa・HANA PLUS・STACIA・OSAKA PiTaPaなど全てのPiTaPaご利用の皆様に適用し ます。
スルッとKANSAIカードと京阪京都交通の利用額割引、どちらがおトク?
PiTaPaなら1ヶ月間の京阪京都交通のご利用額が 1,000円を超えると割引があるので大変おトクです。
バスカードと京阪京都交通の利用額割引、どちらがおトク?
京阪グループ共通バスカードの3300、5500カードを1ヶ月間に1人で1枚使い切る方はPiTaPa がおトクです。(詳しくは「→ 利用額割引について」 をご覧下さい。)
定期券と京阪京都交通の利用額割引、どちらがおトク?
通勤・通学定期券をご利用の方はお客様1ヶ月間のご利用状況により異なりますので、「→ 簡単シミュレーション」でご確認下さい。
PiTaPaカード1枚あれば、みんなで貸し借りして使えるの?
PiTaPaはカード裏面に記載されているご本人様以外はご利用になれません。
ご家族でもカードの貸し借りはできません。
利用額割引についてもご本人1名様に限り適用します。(複数人でご利用の場合は引き続きバスカードをご利用下さい。)

ご注意とお願い

利用額割引は、ご乗車になった停留所の情報が必要です。
ご乗車の際には乗車口の読み取り機に必ずタッチして下さい。ご乗車になった停留所が分からない場合には割引が適用されません。
※乗車時・降車時には必ず読み取り機に1秒以上タッチして下さい。
利用額割引と特別割引(身体障害者等割引)との重複割引はありません。
特別割引にてご利用の場合はバスカード、スルッとKANSAIカード、ICOCAやSuicaなどの全国相互利用対応ICカードをご利用下さい。
パスケースに他のICカード等と一緒に入れないで下さい。
他のICカードや硬貨、貴金属、銀色地に白文字のリライト式カード(ポイントカード)やスクラッチカードを一緒にパスケースに入れると正常な処理ができません。
※パスケースにはご利用になられるICカード1枚だけを入れてください。
PiTaPaご利用での昼間割引はありません。
昼間時に京阪京都交通をよくご利用になられる方は、昼間割引バスカードのご利用をお勧めします。

ICOCAのご利用について

こどもICOCA、SMART ICOCAもご利用になれます。
こどもICOCA、SMART ICOCAもご利用になれます。
利用額割引はありません。
ご利用区間の片道普通運賃をICOCAカードから減額いたします。
乗車口の読み取り機で残額をご確認願います。
ご乗車の際には乗車口の読み取り機に必ずタッチして下さい。
バス車内では現金チャージ(入金)はできません。
お降りの際に残額が不足した場合には現金で不足額をお支払い下さい。
ICOCAの残額のうち10円未満の端数については運賃としてご利用になれません。
他のICカード、バスカード、スルッとKANSAIカードと組み合わせては使用できません。
特別割引(身体障害者等割引)でのご利用方法について
お降りの際、ICOCAをタッチする前に、ご面倒ですが手帳の提示をお願いします。
乗務員が割引運賃を設定いたしますので、設定後、ICOCAを読み取り機にタッチして下さい。
ICOCAはJR西日本が発行するICカードです。
詳細は「ICOCAのホームページ」をご覧ください。

全国相互利用対応ICカードのご利用について

利用額割引はありません。
ご利用区間の片道普通運賃をICカードから減額いたします。
乗車口の読み取り機で残額をご確認願います。
ご乗車の際には乗車口の読み取り機に必ずタッチして下さい。
バス車内では現金チャージ(入金)はできません。
お降りの際に残額が不足した場合には現金で不足額をお支払い下さい。
ICカードの残額のうち10円未満の端数については運賃としてご利用になれません。
他のICカード、バスカード、スルッとKANSAIカードと組み合わせては使用できません。
特別割引(身体障害者等割引)でのご利用方法について
お降りの際、ICカードをタッチする前に、ご面倒ですが手帳の提示をお願いします。
乗務員が割引運賃を設定いたしますので、設定後、ICカードを読み取り機にタッチして下さい。
Get Adobe Reader

PDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左記アイコンをクリックし、画面の手順に従って、ダウンロードしてください。